2017年12月11日月曜日

水墨画教室

アトリエにて月2回行なっている水墨画教室。12月第一回目のレッスン後みんなで忘年会。昨年に続きアトリエで飛鳥鍋を皆さんで作ってくれました。
アトリエには何も無いのでコンロ、鍋など持ち込んで食材も全部カットして大荷物を持参。楽しい忘年会ランチに心あたたまりました。皆さんそれぞれ東京や埼玉、千葉市、八千代市、市原市、佐倉市など遠くから通われています(嬉)
これからも皆さんの個性が際立ちそれぞれの表現を深めていかれるお手伝いが出来たら嬉しいし、表現することの楽しさ、おもしろさを一緒に追求していきたいと思っております。お教室というより実験工房のようでもあり荒井ゼミのように色々な方面から学べる場でありたいと思います。




おいしいデザートも焼いてきてくれました!





2017年12月7日木曜日

ティンバーヤードへ

ティンバーヤード
雑貨や家具のプロダクト、そして住宅のインテリアや建築等の素晴らしいショップが稲毛にある。
そこにプロダクトデザイナーとして活躍されているセシリエマンツさんがデンマークから来日された。Wさんのご縁で特別な会にお招き頂き、デザイナーとしてのご自身の考えや想いを聞く機会に恵まれた。とてもシンプルで洗練されている彼女のデザインは、選び抜かれたフォルムにあたたかさや、優しさがある。ばりばりのキャリアウーマンなのに、自然体で丁寧、ソフトな印象。彼女の美学が伝わるお話は大変興味深かった。ご一緒したWさんも、いつも自然体であたたかな雰囲気の美しい方。一緒に居ると、とても癒される.....私より遅く生まれてるはずなのに、優しい包容力を持ち合わせているぅ〜なんて思いながら楽しい時間を過ごした。ありがとう〜!





今度併設しているカフェに行ってみようと思います〜

裏打ち

連日いくつも予定をこなし、山積みのto do リストと にらめっこ
12月はやはり忙しい。年内にやりたいことだらけ

やること、やらければいけないことを書き出して
それを線で消していくとなかなか気持ちいい
先日11月途中になっていた作品の裏打ちを済ませ
またひとつ線を引く(笑)
             どこまで出来るか頑張ってみよう




ちょっとかわいい紅葉

この時期どこへ行っても色とりどりの紅葉が美しい。
しかしこの紅葉のかわいいこと。なんか気になるリズムです




霜月の喫茶去の会

11月のお茶会です。
今月から炉のお稽古です。
            山中塗りの朝陽棗
 本日の掛け物は「和敬清寂」ー
茶室には有名な禅語 禅の精神を表す言葉です。
〜和:和合 調和 和楽 harmony
〜敬:敬愛の心 respect
〜清:清潔 purity
〜寂:寂静 tranquility
和敬:は主客相互の心得 
静寂:庭 茶室 茶器 に関する心得です
よって、主人と客が互いの心を和らげてつつしみ敬い、茶室の品々や雰囲気を清浄名状態に保つこと。相手と調和するこころ お互い敬い合う心 清らかな心 何ものにもとらわれない心 改めて和敬清寂の精神を噛み締めます!!

本日のお姉さまは、きりっとした黒い帯。さすがの着こなしでカッコイイのでした。




お宅訪問

先日Wさんの素敵なお宅に訪問させていただいた。
ご自宅近くの有名な老舗ハンバーガー屋さん(フランクリーアベニュー)でランチをし
Mさんご夫婦と私はお食事後Wさんのご自宅に。
本当に素晴らしい。素敵なWさんのこだわりのご自宅だ。そのご自宅に作品を飾って頂けることになり、作品の額装など打ち合わせ兼ねご招待して下さった。後にギャラリーの方も合流し、シュトーレン、ケーキなど用意してくださったデザートを美味しいお紅茶とともに、いただき、ゆっくり過ごさせて頂きました。
作品が額装されWさんのご自宅に収まる日が楽しみです。

      ランチしたフランクリーアベニュー。お店の中のクリスマスツリーも
      肝心のハンバーガーの写真がありません!速攻食べてしまいました(笑)

 有名な建築家 北山恒さんの建築とのこと。窓から見える景色は太陽が昇り沈む毎日のドラマを感じるスクリーンのようです。


    こんなに素敵な空間に作品を〜ここがいいかなぁ〜あっちがいいかなぁ〜とか言いながらあっちいったりこっちいったり(嬉)
   
空間的にはもう1つあると良いねっということになり〜もうひとつ。
気持ちのいい空気が流れる空間になりますように。



2017年12月6日水曜日

大時代錯誤展

2017.11.26 第6回大時代錯誤展

ー時代の異なるものを混同して考えるー渋谷区神宮前5-9-15トータルアートワークスクエアB2   1日限りの4時間半の展示会でした。
日本のものというくくりで古美術、古道具、伝統工芸、現代美術、デザインといったジャンルの垣根を取り払い同じ地平に並べてみようというのが時代錯誤展の出発点とのこと。
刺激が沢山ある展示に参加させて頂きました。それぞれの存在感が響き合う空間でした。。