2020年4月5日日曜日

アトリエ

連日 Stay Atelier
 制作は続く〜
そして、またまた作品の撮影、整理をしました。
アトリエにいるときは、今の大変な状況をしばし忘れて制作できるので嬉しい。
しかし、帰って夕方のニュースで悪化する状況を見ると辛くなります。
この状況は悪い夢でも見ているようです。
なんとかこの最悪な状況を乗り切れますように。
笑顔でみんなに会える日まで、頑張りましょう!





2020年3月30日月曜日

ここ数日

ここ数日
毎日アマゾンPrimeで映画をみて、
本を読み、そして制作する。その繰り返しだ。不思議と心は満ちているのだが、世の中は切迫した緊張感だ。事態は深刻に益々加速している。この状況に打ち勝つためには、心身ともに健康でなければいけない。長い戦いには心の強さも必要だ。
なので、
私は、持っている手漉きの和紙の1番大きいサイズを描くことにした。挑んでいる。
大きい作品だから、乾く間の数時間 本を読む。
そして描くことを3クールぐらいするとお家に帰ってcooking、.そして夜更しして映画を見る。多分この数日で10本以上見た。本はあまり読めてないけど3冊ほど読んだ。

少し不謹慎に思えるが、こんなときでも制作意欲が止まらない。今まで以上にエネルギーが、湧いている。と、自分で分析する

今思うと、昨年1年は、展覧会の予定が続いていたので、この事態を思うと1年ずれてなくて良かった。
昨年1月都内で個展、3.4.5月は富山の美術館で個展 5月は福井で展示 6月は、フランス展示 10月ロサンゼルス個展 12月は船橋でも展示と、その他ワークショップなどでよく動いた。今年も1月は千葉で個展をして、2月から昨日まで、千葉の文化会館のホールで展示が続いていたが、ホールでのコンサートはすべて中止になっているから誰もいないホールになってしまった。ひっそり展示だけは続いていて、そんな中でも、そこに作品があることで文化会館のエネルギーを少しでも繋げることができたのかなと思っている。
絵を描くことって、私にとっては生きる糧なんだ。人生を豊かにする彩りのひとつ。私は絵を描くことで、人生にスパイスが加わり、味わいが、際立った。いろんな意味でイマジネーションは宝だ。だから今は静かに絵を描こう。本を読もう。映画も観よう(もちろんお家でね)

心を鍛えよう。




2020年3月26日木曜日

今月の、ボナペティ会




 France語のお勉強のあとのボナペティ会。出来の悪い生徒だが、お勉強もお食事も楽しい。絵を描いていたら朝まででも眠くならないのに、勉強となるとすぐ睡魔が襲う。困ったもんだ。
まぁ、それはさておき、
月に一度、お勉強の後、手作りのご馳走をいただくポナペティ会。いつも準備してくださるメンバーがいる。簡単にその場で作るお料理教室でもある。みんなで料理して、お食事をいただく。いつもは食べるだけの私だが、今回は、銚子の海藻を作っていった。銚子で
はじめて食べたときは、なんだっこれっ!うー食べれないと思ったのを覚えている。なのに不思議と何度か食べると、あの磯臭さと、とろっとした感じが、くせになる。海藻のゼリーみたいなもの。鰹節と七味唐辛子、お醤油で食べるのだが、珍しい。同じ千葉なのに、ここらへんのスーパーでは、みたことないが、銚子のスーパーでは定番。テーブルにはみんなの作ったサラダやスパゲティ、パン、煮豚などが並び豪華。
そして、今回はいつものワインではなく、お父さまセレクト(先生のお父さんです)の日本酒。
本当に充実した時間でした。



2020年3月23日月曜日

お茶会へ

素敵なご縁で、久しぶりのお茶会 府中の龍生庵へ。
自由な発想とおもてなしで、とてもあたたかい、お茶会でした。箱書や決まりごとにとらわれない、オリジナリティは、楽しい。テーマに沿って自分のセンスでもてなす。こういう お茶会素敵。私も憧れます。
3月は吊り釜、お断りして雰囲気だけ、お部屋のお写真を。



船橋三番瀬

また、また、船橋三番瀬へ。
映像作品に必要な音をとりに。
波の音。風の音。




映像担当のRyoさんがマイクを持って、どこまでも沖に。小さくて見えない。

私はカニを捕まえたり、クラゲを観察したり、
遊び相手はたくさん居て楽しい。
映像の作品も着々と進んでいる!あと 少し!!

こんなときだからできること

今月のアトリエでの墨のお教室は中止としました。こどものアート塾はやりましたが、大人は中止。展覧会も同じく中止になりました。
自由な時間が増えて、本を読んだり、アマゾンプライムで見たかった映画を見たり、もちろん制作もですが、これは日々続けていることなので変わらないのですか、制作した作品の整理。リストを作りました。
作品撮りをして、一覧に。娘の春休みが幸いした。彼女の力なくしては出来なかったが、
夜9時からはじめて夜中12時まで と数日コツコツ撮影し、リストまとめた。
まとめると、なかなかおしろい自分の傾向がわかる。よくもこんなに描いてると、自分でも感心する。終わったら箱に入れて棚の上に片付けられる。
そして新しい作品に取り掛かる。








2020年3月12日木曜日

裏打ちの作業

展覧会が中止になったり、お教室もお休みにしたので今月は時間ができ、普段できなかった、裏打ちの作業に行ってきました。次々に作品を描いているので、1年経つと、こどもが増える増える増える!!(笑)2日間の裏打ちでもまだまだ終わらない。
これらをぎっしり、まとめて見せる展覧会がしたいなぁ!美術館を自分の呼吸でいっぱいにしたい。



 裏打ちの作業をさせてもらっているアトリエ近くを流れる河に、はじめて降りてみたら、水がとてもきれいで驚いた。カモやサギなどの鳥たちもきて、豊かな場所だ。土手に降りて、お昼休憩していたら、突然米軍機が飛んできた。近くに米軍の基地があることに気付く。